お金のないころに買ったCD、『F-1 GRAND PRIX』

今となっては音楽を購..

お金のないころに買ったCD、『F-1 GRAND PRIX』

今となっては音楽を購入するときには主にダウンロード購入を選ぶことが殆どになり。
どうしても欲しい曲がCDでしか買えない場合しかCDという媒体を選ばなくなりましたが、それでも時間にして人生の半分位の間は『音楽と言えばCDで買う』という時期がずっと続いていましたからやはり音楽=CDというイメージは、未だに私の中に強く根付いています。

CDを買っていたのはお金のない頃で、小遣いなどをやりくりして何とか購入資金を捻出しなければならなかったため購入したCDは飽きるまで、いや飽きが来ても繰り返し繰り返い何度も聴いたものです。
それだけにCD一枚一枚への思い入れというものは、最近DL購入している音楽に対するものよりも強いです。
多分CD媒体と言う物理的な物体が手元にあるというのもあるんでしょう。

そんな購入したCDの中でもとりわけ思い入れが強いものは、やはり人生で最初に買った一枚に尽きます。
私にとってのそれは、T-SQUAREの『F-1 GRAND PRIX』でした。
おそらく多くの人にとっての初購入CDは好きなアイドルや歌手の「歌がメイン」のものになると思われますが私が買ったのは、なんか歌の入っていない完全インストゥルメンタルのやつでした。
まあ、T-SQUAREでF-1ですので言うまでもなくF-1のテーマである『TRUTH』が目当てでした。

なお実はこのCDアルバムがF-1をテーマに曲をチョイスした所謂ベストアルバムだと知ったのは、これを買って一年以上経ってからの話です。
だからT-SQURAEが名義を変える前、THE SQUAREというバンド名で活動していた頃の曲も入っていたんですね。

で、それを知った頃にはあまりにリピートで聴きすぎて全ての曲の全てのパートが脳内再生余裕なレベルになっていました。
前述のとおり小遣い制の頃で、他にも漫画とか買っていたため他のCDを買う余裕と言うのは無かったですからね。

そんなわけで、結果としてこの一枚は現在の私の音楽センスの金型と言うか定規と言うか、そんな感じのものになっています。
別の言葉で表現するならば原体験というやつでしょうか。
やはり最初の一枚と言うのは、後からそれ以上に素晴らしいものにいくら出会おうとそれらでは覆せない特別な何かがあるのです。

・・・それが歌なしのCDだったのが現在歌が下手な原因とは思いたくないですけど。