オアシス『Time Flies…1994-2009』

私のお気に入りのCD..

オアシス『Time Flies…1994-2009』

私のお気に入りのCDアルバムはオアシスの「Time Flies…1994-2009」です。
2010年にリリースされた二枚組のCDアルバムなのですが、言わずと知れた世界的ロックバンド、オアシス最後のベストアルバムです。

ベストアルバムだけ聴いてもこのバンドの魅力をすべて網羅することはできませんが、「ホワットエバー」や「ドント・ルック・バック・イン・アンガー」といった外せない名曲は一通りそろっているので、重宝して聴いています。

私は就職活動をしているときによくこのアルバムを聴いていました。
何社も落とされて、何度も落ち込んでいたとき、オアシスの曲には本当に励まされました。

試験会場に向かう電車の中でホワットエバーを聴くと、「俺はなりたいものには何だってなれるんだ」という歌詞が心に響いて、自然と顔が上がりました。この曲は日本ではビール会社のCMで使われています。解放感があって、「自由」というものの価値を思い出させてくれる一曲です。

また、「オール・アラウンド・ザ・ワールド」という曲があるのですが、「お前が聞いたことを教えてやれ、そうすればきっとうまくいく」という歌詞にもずいぶんと元気づけられたことを覚えています。
リンク:歌詞(和訳付き)

オアシスの曲はとても前向きっていうか、吹っ切れてる感じの曲が多くて、聴いてるとなんだかすっきりした気分になってきます。

ただ前向きな言葉を並べたお行儀がいいだけ曲はいくらでもありますけど、オアシスの場合は、メンバー自体が普段から滅茶苦茶やっている人たちですので、そのスタイルが歌にも表れているような気がします。

変に真面目腐らずに、それでも自分の気持ちを真っ直ぐに伝えている感じがすごく好きです。

今でもCMで使われていて、耳にしたことがあるような曲が結構あるので、まったくオアシスを知らない人も、曲を聴いたことがあるという人も多いと思います。

私は何かいやなことがあったときなど、お風呂の中などで無意識の内にホワットエバーを口ずさんでいることがあります。現実が厳しいときに「俺はなりたいものには何だってなれるんだ」と自分の口で、しかも英語で言うのもなんだかおかしな話ですけど、希望を持つって生きている限りはとても大事なことですから、ひと時だけでも自分が強くなったような気分に浸ります。そしてまた、頑張るのです。