エレファントカシマシRAINBOW

エレファントカシマシ..

エレファントカシマシRAINBOW

エレファントカシマシの「RAINBOW」というアルバムがとにかく最高で気に入っています。

3年半ぶりの最新アルバムです。
元々エレカシの曲は有名な曲なら歌えるという程度ではありましたが、ここ数年はBGMとして洋楽を聞く程度で邦楽に至っては全くチェックしていませんでした。
たまたまテレビでエレカシがタイトル曲である「RAINBOW」を歌っているのを見て、心に響きました。

まず爽快で突き抜けるようなロックのメロディー、そして相反する言葉が並びながらもその情景が思い浮かぶような歌詞に、聞いた瞬間ビビっときて自分がフリーズしました。
早速アルバムを購入して聞いてみると、今までとは違うエレカシに驚きました。
何よりまずボーカル宮本さんの歌声です。どちらかというと絶叫するような歌い方をすると思っていたのですが、ものすごく柔らかくて通るような声でした。
それはイヤホンで聞くとより鮮明に感じます。「RAINBOW」をずっと聞いていたい気持ちを抑えて、まずは曲順通りに聞きます。

まずはオープニングを告げるファンファーレのようなインストのイントロから始めまり、「RAINBOW」で疾走、映画の主題歌の「ズレてる方がいい」で続きます。
ここまではエレカシらしさを感じて聞いていました。

そのあとから、新しいエレカシです。宮本さんの優しい裏声で歌い上げられる曲は本当に素晴らしいと思いました。
そして「TEKUMAKUMAYAKON」というまた新しい曲調はとても新鮮で、何度も聞くと中毒性というか、口ずさんでしまいます。
ドラマの主題歌になった「Destiny」は、ポジティブにも見える歌詞の中にほのかな寂しさを感じさせられるような哀愁漂う曲で、メロディーも含めてすごく好きな曲です。

エレカシの曲は歌詞が量産的ではなく、サビもただの繰り返しではなく伝えたいことを書いて、バンドでロックに仕上げるというところがとても良いと思います。

そして締めは、インストだと思った一曲目をしっかり聞かせて終わりを告げます。
曲順は宮本さん自身すごく悩んだとのことですが、それだけのことはあります。
アルバムの存在そのものに物語があるかのようなストーリー性を持った1枚です。どの曲も素晴らしくて、私にとって名盤と言えると思います。