未分類

  • 歌うたい15 SINGLES BEST 1993~2007/斉藤和義

    斉藤和義のデビュー15周年を記念して作られた1993年から2007年までのシングルをまとめ上げた2008年発売の3枚組のアルバムになります。 シングルタイトル曲をリリース順に収録してあり、さらにコラボレーション曲や、インディーズ時代の曲や未発表音源、ライブ音源も収録しています。 ジャケットは、斉藤和義が寝っ転がってギターを持っているところに、青い文字で書かれたシングル名がギターの形にプリントされて... Next

  • 尾崎豊

    尾崎豊といえば永遠の不良だと思いますが、高校の時に聞いていたのですがそれからずっと好きです。 代表曲はILOVEYOUですが、これは若い男女の愛を描いた作品でとても良いです。 高校の時は好きでいつも歌っていました。次に僕が好きなのが卒業です。 学生の学校生活に対する反抗心を歌った歌で尾崎豊の代表曲です。次はシェリーです。 シェリーと言うのがだれかは僕はわからないのですがシェリーに語りかける歌です。... Next

  • MGMT「Oracular Spectacular」

    アメリカのエレクトロ、サイケデリック・ポップのニユット、 MGMTの記念すべき1stアルバム「Oracular Spectacular」をご紹介したいと思います。 特記すべき点はなんと言っても、 彼らの代表曲でもあり大ヒット・ナンバー「Kids」が収録されている点です。 デビュー当時からのこの曲は注目され、彼らの知名度を一気に広げたナンバーと言ってもいいでしょう。 クセになる印象的なイントロは、つ... Next

  • System Of A Down / Mezmerize

    2005年5月17日にリリースされたアメリカのストレンジヘヴィメタルバンド、System Of A Downの4枚目のアルバム、「Mezmerize」。ヘヴィなギターリフ、マイクが壊れそうなほどの迫力でただの叫び声とも聴こえるデスボイス、破れんばかり割れんばかりに叩かれるドラム、重低音を響かせるベースなどヘヴィメタルの基本的な要素は全てそろっているのにどこか普通のヘヴィメタルには聴こえない不思議さ... Next

  • 2つのフジファブリック

    フジファブリックというバンドをご存知ですか? 私がこのバンドを知ったのは割と最近のことです。 デビューしたのは2004年のことなので、デビューして10年以上経ってから好きになったことになります。 このバンドが他のバンドと大きく違うのは途中でボーカルが変わったということです。 しかも、バンドのメインメンバーで曲もほぼ彼が作っていたという最初のボーカルは突然死んでしまったのです。 死因に関してはわから... Next

  • 桑田さん、万歳

    年をとっても私が、愛して止まないの)、星の数ほどいるミュージシャンの中で、やっぱりサザンオールスターズの桑田佳祐様でしょう と、鼻息荒く断言してしまいます。 ファン歴10年目以上を迎えました。 青春真っ只中の13歳で、サザンオールスターズと言う、当時、最先端のバンドを知り衝撃を受けたのを今でも覚えています。 バンドブームで周りの男の子達は、桑田さんのあの独特な歌唱法を真似ていました。 私は、桑田さ... Next

  • ファン歴30年BOΦWY

    昔から、「すきなミュージシャンは?」と聞かれて答えるのはいつも「BOΦWY」と答えてきた人生です。 音楽に本格的に興味を持ち始めた、中学生以来のファンです。 BOΦWYを知ったきっかけは、友人に教えてもらったのが最初です。 確か曲名は、「イメージダウン」という曲でした。 まだあまりロックというものを聞いていなかった自分は、当時強烈な衝撃を受けたのを覚えています。 特に、ヴォーカルの氷室とギターの布... Next

  • お金のないころに買ったCD、『F-1 GRAND PRIX』

    今となっては音楽を購入するときには主にダウンロード購入を選ぶことが殆どになり。 どうしても欲しい曲がCDでしか買えない場合しかCDという媒体を選ばなくなりましたが、それでも時間にして人生の半分位の間は『音楽と言えばCDで買う』という時期がずっと続いていましたからやはり音楽=CDというイメージは、未だに私の中に強く根付いています。 CDを買っていたのはお金のない頃で、小遣いなどをやりくりして何とか購... Next

  • evergreen MY LITTLE LOVERの思い出

    マイラバのHello, Again、evergreen、白いカイト、Man & Woman etc・・・ 初めて買った車。大学生で始めてできた彼女。 オーディオ類もこだわって純正品から入れなおして、初めてのデートらしくも無いデートと呼んでたあの時代に聞いていた曲が詰まったアルバムです。 4月ごろまではどんより曇り空でしたが、5月になるとようやく青空が望める時期になります。 そんな季節に、... Next

  • X JAPAN tears

    1990年代最も熱く激しく活躍したグループ、それは「X JAPAN」です。 グループ名を「X」から「X JAPAN」へと変えました。ビジュアルは、ハードロックで赤やピンクのモリモリヘアーで、ボーカルYOSHIKIが激しく頭をふって歌っていました。 そんな、作詞、作曲を手掛けるリーダーYOSHIKIが、奏でる最高のバラードそれが「tears」です。CDは、時代を感じるミニCDの時代で、現在は、アルバ... Next