お気に入り音楽日記

  • ロックバンドが唄う、別れと出会い

    「春」というと、出会いと別れを意識する季節です。 ACIMANの「式日」は、別れを、そして再会を意識してしまう一曲です。 曲調自体は、ACIDMANらしい激しく、ボーカルが絶叫するような声は無く、落ち着いた曲調です。 透明感のある歌声にポップな歌詞なのですが、なんというか出会えた人に「ありがとう」をそしてこれからも「よろしく」を伝えるような雰囲気が伝わってきます。 式日とは、儀式を執り行う日を意味... Next