お気に入り音楽日記

  • GLAY『UNITY ROOTS & FAMILY』の良さは25歳過ぎて初めて分かる

    学生生活を卒業し社会に出て、初めて親の苦労が分かる。よく聞きますね。今まで仕事ばっかりであんまり家にいないお父さんを 、ずるずると反抗期を引きずって「なんか鬱陶しい」と思っていたけど、「お父さんってすごい」って思うようになる日はいつか 必ず来るものです。お父さんに限らずそれはお母さんに向けても同じことですが。 それらの感情を持つのは、大体20代中盤に差し掛かった辺りではないでしょうか。やっと仕事に... Next

  • 心癒される音楽「アヴェ・ヴェルム・コルプス」

    この曲を初めて意識したのは、ゴスペルのコンサートでした。 コンサートで歌われたわけではなく、コンサート終了後に会場に流れたのがこの曲でした。 コンサートの余韻の中で聴いたメロディは、どこかで聴いたことがあるような気がするものの、タイトルなどは思い浮かばず「讃美歌かしら…」などと思っていました。 その後、たまたま観ていたテレビの音楽番組で、この曲が取り上げられていました。 その時初めて、モーツァルト... Next

  • CDディスコ スーパー・ヒッツの紹介

    このCDは、2006年に発売された1970年から80年代にかけてのディスコのヒット作を集めたものです。 今から10年くらい前にお店で購入しました。全部で14曲入っていて、すべて聴くと1時間はかかりません。 収録されている曲は欧米を中心に活躍したディスコサウンドグループの曲で、後に日本のアーティストがカバーする曲があるなど、ヒットしたものばかりです。また、テレビのBGMやCMなどで用いられた曲もあり... Next

  • YUIさんの Tomorrow’S way

    YUIさんと聞くと私の中では、この曲が思い浮かびます。この頃を思い出してみると、落ち込む時が多くてもがき苦しんでいた時でした。 そんな時にこの曲の歌詞に救われました。 色んな悩みというか絶望感に近い気持ちを抱いて生きていた時期でした。 この曲の歌詞で本当に心に染みたのは、「まっすぐに生きてゆきたい」の言葉でした。 ただ、この言葉一つで何か頑張れました。 色んな大人たちがやっていることに、とても納得... Next

  • バンプオブチキン(弱者の一撃)

    私は17歳のころにバンプオブチキンに出会いました。 深夜のチャート番組で確か24位にハルジオンという歌が流れていて、その歌声と、その歌詞と、世界観に「このバンドはなんだろう?格好良い」と思いました。 その前に天体観測が大ヒットしたのですが、その時はたまに聴くぐらいで良い歌だなぁと思うぐらいでした。でもハルジオンの世界観と、人生観を歌った歌詞に心を打たれ、さっそくバンプオブチキンを聴き始めました。す... Next

  • 東京バンドワゴンシリーズについて

    私は小説を読むのが好きなのですが、基本的にミステリーしか読みません。 ミステリーであれば、シリアスなものから、コメディー混じりのものまで、幅広く読みます。 そんなミステリーの中でも、ちょっと異色な、人と人との繋がりを通して、人の温もりを描いている作品があります。 それが「東京バンドワゴン」シリーズです。 数年前にドラマ化されたため、ご存じの方も多いと思いますが、この作品、本当に素敵な作品なんです。... Next

  • すべてに疲れたときは、スガシカオの「sugarless」を聴こう。

    現代人は、常に何かに追われています。 日々やることに追われて、 他人の期待に追われて、 恋人からの連絡に追われて、 自分自身にさえプレッシャーをかけて… それを楽しめているあいだはいいのですが、 すべてを放り投げてしまいたい衝動に駆られてしまうことだってありますよね。 そんな、焦りと疲れでどうしようもないときに 「負けないで」だの「がんばれ」だの叫んでいる曲を聞いても、 疲れてしまうのはわたしだけ... Next

  • 私のお気に入りCDアルバム 中島みゆき「予感」

     日本のロック・ポップスの歴史も、40年、50年・・・と時を重ねるにつれ、日本のビートルズ、あるいは日本のストーンズ、などと称される存在も生まれている中、中島みゆきは、さしずめ“日本のキャロル・キング”とでも言おうか。 その人生応援歌的歌詞、長年に渡り作られてきた様々なパターンの楽曲、これらのスキルを持って、いまだ第一線にて活躍している彼女は、まさに日本のミュージックシーンを語る上で欠かせない存在... Next

  • CDを売るときには買取相場を確認してから

    部屋の本棚に入れていたCDがあふれてきてしまいました。 見てみぬふりをしていたのですが、意を決して選別し、ブックオフへ。 CDと、ついでに本(漫画や小説など)、ゲームソフト2つをまとめると大きい紙袋3つになりました。 「買取りお願いします」と言いながら全部ごちゃまぜに入れてしまった紙袋を買取りカウンターに置くと、店員さんが番号札をくれました。 CDと本とー、って説明しなければと思ったのですが、別に... Next

  • 初めて買ったお気に入りの一枚

    私が大学を出たころになって、初めてCDと言うものが世の中の主流となり始めたころの話、と言うわけでもう三十数年前の昔話になります。  今までずっとLPというレコード中心だった音楽メディアがCDにとって代わられ、それに伴って今まで部屋で音楽を聴くのに使っていた「ラジカセ」では音楽が聞けなくなってしまいました。と言うわけで、何が何でもCDプレーヤーを買おうと思い、電気屋へと行きました。  しかし、自分... Next